2016年10月17日月曜日

宇宙と芸術展に行ってきました(六本木ヒルズ)





お久しぶりです。夏場は暑くて引きこもっていたので、更新が途絶えていました。涼しくなってきたので、ちょくちょく更新したいと思います。

さて、しばらく前から、六本木ヒルズで宇宙と芸術展という展示会がやっています。


とある事情でこの展示会の招待券を貰いましたので、行ってきました。この記事では、その感想や見どころを紹介していきます。


大展示場



場所は六本木ヒルズの美術館の大展示場です。この展示場は他の美術館と比べても広くて、入るのにはちょっとした覚悟が必要です。


隕石


隕石が展示されていました。確かに、普通の石とはちょっと形や色が違う気がします。


この日本刀は、富山県に落下した隕石から作ったそうです。
ちなみに最初に発見した農民は、この隕石を漬物石にしていたそうです。



1803年に日本に落下したUFOです。虚舟(うつろぶね)と呼ばれていました。こういうの見るとワクワクします。



1803年といえば、まだ江戸時代です。当時の人は相当驚いたことでしょうね。



ガリレオが書いた本も展示されていました。ニュートンの本もありました。
昔の本を見るたびに、印刷技術のほうが気になってしまいます。日本とはケタ違いですよね。

日時計

日時計が展示されていました。『いかにも日時計』といったものから、壮大で現代的な物まで様々でした。


巨大なアームが太陽の動きを再現しています。



さっきの写真と比べると、影の方向や大きさが変わっていますね。


ロボット




ロボットが展示されています。理想的な女性の姿をかたどっているそうです。




人と会うとまずは足元を見てしまうぼくは、とりあえずしゃがみこんで足元を凝視…。



確かに美しいですね。トゲのようなものが出ているのが気になります。




月面を走る車です。月でauなんて広告を出しても誰も見ない気がしますが、テレビなどに映るのでしょうか…。

宇宙にまつわる芸術作品

宇宙にまつわる芸術作品も多く展示されています。現代アートが多いのが特徴的です。


直前に君の名はを見たという事情もあり、この絵が映画の舞台にしか見えません…。



しかも隣には流星の絵が飾られています。君の名はも彗星の描写が奇麗でした。



あれ、これはちょっとネタバレ入ってるのでは…。



と思ったら、やっぱり君の名はを意識していたようです。ポスターが展示されていました。
(ちなみに君の名はは六本木ヒルズの映画館でも絶賛上映中です。ジブリ以外のアニメ映画では史上初の興行収入100億円を達成したそうです。)



惑星の絵です。やはり輪のある土星に目が行きます。


深く考えるとちょっとこわい気がする絵も展示されています。



気持ち悪い生物です。宇宙人はこんな感じなのかもしれません。



日食です。この手のイベントは絵や写真で見ると奇麗ですが、リアルで見ると『案外普通…』となることが多い気がします。



チャレンジャー号の模型です。チャレンジャー号は地球を飛び立って1分ちょっとで空中分解してしまったロケットです。


かなり細かいところまで作りこまれています。


音楽

音楽の展示もありました。ヘッドフォンをして、実際に聴くことができます。



BPM30で四分音符が並んでいることからもわかるように、ゆったりとしたハーモニーが奇麗です。

3D絵画

3Dで見られる絵画も飾られています。
(写真にとっても3Dにはならないので、割愛します。)


3Dコーナーでは、赤と青のフィルムがついた眼鏡が貸し出されます。ここだけ妙にアナログでちょっとおもしろかったです。



シアター

宇宙と芸術展では、映像展示が多いことも特徴です。







何の映像なのかはよくわかりませんが、神秘的な映像が部屋一面に映し出されます。壮大です。



かなり目がチカチカするので、気を付けてください…。



おまけ…お土産コーナー

おまけはおみやげコーナーです。


惑星マグカップです。当たり前のように冥王星が存在しないのがちょっと切ないです。
しかし、冥王星が惑星から除外されてからもう10年も経っていますから、そろそろ若い世代には通用しなくなるのでしょう…。



虚舟のどんぶりです。これはわりと欲しいですね…。
ただ、どんぶりにあまりにもなじみすぎて、UFOがモチーフだと言わなければ誰にも伝わらなさそうです。



コインチョコです。チョコボールの次くらいにおいしそうです。


トイレットペーパーです。この手のトイレットペーパーは紙質が微妙なことが多い気がします。



不気味な生き物とロボットのノートです。これを使うのはちょっと勇気がいりそうです。



もちろんガシャポンもありました。

いつも共有ありがとうございます。よければ今回もお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加